×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






top

about

muegr1 muegr2 muegr3 muegr4 muegr5 muegr6 muegr7 muegr8 muegr9 muegr10 muegr11 muegr12 muegr13 muegr14 muegr15 muegr16 muegr17 muegr18 muegr19 muegr20 muegr21 muegr22 muegr23 muegr24 muegr25 muegr26 muegr27 muegr28 muegr29 muegr30 muegr31 muegr32 muegr33 muegr34 muegr35 muegr36 muegr37 muegr38 muegr39 muegr40 muegr41 muegr42 muegr43 muegr44 muegr45 muegr46 muegr47 muegr48 muegr49 muegr50


バツ&テリー(12)明日に向かってバツ&テリー

とうとう高校野球の神奈川県予選を勝ち抜き、夏の甲子園に出場する、バツ&テリー!! ところがそこには、テリーの姿がない。
アンの願いでもあった甲子園、苦戦を続けながらも準決勝まで勝ち進んだ星蘭高校だったが、バツはもうとっくに限界を越えていた。
二人が揃えば、そのパワーが何倍にもなる、バツ&テリーは蘇るのか!? 甲子園に新しい伝説を残し、堂々の完結!!父を殺されたばかりの可愛い女子高生星泉は、組員四人のおんぼろやくざ目高組の組長を襲名するはめになった。
襲名早々、組の事務所に機関銃が打ちこまれ、早くも波乱万丈の幕開け。
さえない中年男、深田栄一が経営する結婚相談所には風変わりな希望の客が多い。
その都度、所長の深田と二十三歳の小柄でキュートな寺沢紘子の二人は天手古舞。
奇想天外な着想と推理。
35歳の大学教授・玲子と、その助手で8歳年下の哲平は恋人同士。
狼男の仕業と言われる殺人事件や吸血鬼、呪いの人形など、様々な不思議な事件に首を突っ込む二人の活躍を描いた連作ホラー小説集。
この巻には大正八年に書かれた小説を中心に、他に若干の評論・随筆類を収めている。
作者はこの年を迎えて、歴史から現代へと動く志向が明瞭になってきた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008115



Copyright (c) バツ&テリー(12)明日に向かってバツ&テリー**All rights Reserved.