×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



子連れ狼(14)

冥府魔道の牛頭馬頭に道中陣―― そいつが子連れ狼のいるところだぜぇ 追って来る者、不意に遭遇する者 一刀親子が斬らねばならぬ者たちの中に誠の男がいる!真の武士がいる!柳生の”草”の恐るべき手足れたちが公儀山目付の凄まじい手練が一刀親子を襲う! 追いつめられた柳生の手段をえらばぬ追撃に敢然と立ち向かう宿命の親と子! 昨日 今日 明日 流浪(さすら)うはいずこの空か・・・・・・柳生の目となり耳となって、一刀親子を追捕してきた黒鍬一族の最後のひとりが臨終(いまわ)の間際にもたらした一言から、ついに柳生封廻状の秘密が明きらかになった! どう出る柳生!その首五千両! 封廻状の秘密を解いた一刀親子は一路江戸へ 柳生が二人につけた巨額の賞金を我が手にと賞金かせ鬼たちが、農民や町人たちが行く手に待ちかまえる!! 危うし子連れ狼!無辜の民を賞金首五千両争奪戦にまきこまぬため、ぷっつりと行方を断った一刀と大五郎・・・・・・ あせる柳生に、将軍はその直属の警固衆―― 黒門固メ煙止メ衆(くろもんがためけむりどめしゅう)を使えと命じた! その身は足軽なれど手練の技は凄じい!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60003344