×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ日本は「iPod」を作れなかったのか

【iPodで圧倒的な成功を収めたアップル。
得意分野で後れを取った日本の家電メーカーの「死角」とは何だったのか?】液晶テレビ、デジタルカメラ、DVDレコーダー、携帯音楽プレーヤーと、デジタル家電人気は衰えるところを知らない。
にもかかわらず、家電メーカーの多くが業績不振に苦しんでいるのはなぜなのか? iPodで大成功したアップルと日本のメーカーとの違い、ソニーが「PSX」でも「クオリア」でも勝てなかった理由、波に乗る台湾勢との共存共栄策など、デジタル家電の最前線がわかる3本を収録。
城西学園高校1年の力丸菊は、毎朝コインロッカーに入れた学生服に着替えて登校する。
その不可解な行動に警官も不審に思っているが、学校ではクラスの副委員長を務める優等生だった。
そんなある日、城西学園に大阪弁の転校生・花巻浅太郎がやってきた。
浅太郎はクラスメートの長島涼子に一目惚れするが、涼子は学費が払えず学校をやめざるをえない境遇にあった…。
青春とは何だ!? 石井いさみが問いかける青春怨歌!!力丸と浅太郎はクラスメートの金田をイカサマにかけ、涼子が高校に戻ってこれるようにと八万円を手に入れた。
だが、浅太郎は涼子に会うことすらできなかった。
涼子の幼なじみで柔道部主将の原田健作は、電車のホームごしに浅太郎に涼子の姿を見せたが、そのことを聞いた力丸は「彼女のことを諦めろ」と浅太郎に言った。
浅太郎のために涼子の居所を知ろうと、原田に闘いを挑み勝利した力丸。
それを見た浅太郎は、力丸も涼子を好きなのだと勘違いをし、力丸にケンカ状を叩きつけた! また、城西学園の番長である原田がケンカに負けたとあって、番長の座を狙う車が力丸を襲う。
城西グループには番長が誰かに敗れたら、前番長の復讐をしなければいけないという血の掟があるのだ!!夜のネオン街を徘徊していて、クラブ『まなべ』という店で偶然にも力丸は長島涼子と再会を果たしてしまった――!! もうとっくに学費分は働いたのではないかと思う力丸に、原田は語った。
涼子は働いて自分の親をも養っていたのだ! 一方、執拗に番長の座を狙う車の配下・横田のヤッパ剣法『地ズリ』により、力丸は右足に大怪我を負ってしまう……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010557