×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鬼平犯科帳(15)[コミック]に興味を持ってみた

鬼平犯科帳(15)[コミック]

平蔵の屋敷から父の遺品、煙管が盗まれた。
一方、そのころ、江戸市中では兇賊が同時多発に押し込みを働き、さらに火盗改方の与力、同心の家族が次々と殺害されて……「流星」ほか、密偵・おまさが活躍する「狐火」の2編を収録。
井関録之助は本所桜屋敷”高杉道場”の同門で平蔵と20年来の剣友。
その録之助をかつて襲った浪人が再び録之助をつけ狙いだした。
それを知った平蔵は二人で……「本門寺暮雪」ほか、平蔵と親友・岸井左馬之助が事件を解決する「あきらめきれずに」の2編を収録。
鬼平こと長谷川平蔵の存在により、盗賊たちも仕事が減り、生活も……そんな折、盗賊たちが集まり、鬼平の暗殺の謀りごとをめぐらして、火盗改方の勢いを止めようとしたが…「白い粉」他1編収録。
盗改方の勘定掛同心・川村弥助は同僚からは小心者と蔑まれていた。
ある日、その川村の妻が殺害された。
平蔵以下、火盗改方は全力で犯人探索に動き出すが……「泣き味噌屋」ほか、「高杉道場・三羽鳥」「白まむし」の3編を収録。
所の茶屋で平蔵が知り合った、唐津藩浪人・高木軍兵衛は、襲われているところを助けた娘の実家の味噌問屋で厄介になる身。
だが、実は盗賊の手先として引き込みに誘われていて……「用心棒」ほか、同心・小柳安五郎が人助けをする「あきれた奴」の2編を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004902