×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

次郎長放浪記(1)

後に東海道一の大親分と呼ばれることになる男、甲田屋の長五郎、通称・次郎長。
フトしたことから博奕の味を覚えた次郎長は、サイの目に命を賭ける渡世家業へと身を投じていく――!! 運の流れを操り、イカサマさえも味方につける天才博徒・次郎長の若き日を描いた、異色時代劇!!柘榴殿での命を賭けた双六勝負!! コマとなって九六と死闘を繰り広げる政五郎はもはや満身創痍。
さすがの次郎長も、己のサイの振り方ひとつで人の生死が決まるこの勝負にはかつてない恐怖を感じていた。
しかし、次郎長がその恐怖を克服した時、ツキの流れが大きく変わり始める。
はたして死の底へ沈むのはどちらか――!?低迷中の女性誌「シック」の編集長に抜擢されたスザンナ。
最初の企画会議の日、勇んで出社した彼女を待ち受けていたのは、数日前、同僚宛のメールでこきおろした男・マシュー。
会社を買収し、新しいボスとして現れた彼に雑誌存続をかけて新企画「最高にセクシーな男性」を提示したところ、思わぬ方向に展開し―――!?全身全霊をかけたバカ漫画!! その圧倒的画力で描き出される、恋と笑いと涙の青春残酷物語。
アフタヌーン・シーズン増刊で掲載され、伝説となった謎の新進気鋭漫画家・竹易てあし最初で最後の? 漫画全集!! ――「愚痴っぽくて刹那的。
おせっかいなくせに傷つきやすく。
経験ないのに知ったかぶって。
でも、まっすぐだったあの頃に、もう一度戻ってみたくなりました。
――ナチュラル沙村ワールド万歳!!」 (漫画家・藤沢とおる)アレックスは取り引き先の広告代理店を訪問し、経営者のジャックの社会人らしからぬ服装に眉をひそめた。
さらにディナーにまで誘われ、憤りを覚える。
彼との取り引きはやめるべきだと社長に進言するが、社長は翌日のプレゼンテーションを見てから決めるという。
どのみちジャックに契約まで持ち込む手腕があるとは思えない。
そう高をくくるアレックスだったが、当日、会場に現れた彼の姿に目をみはった。
完璧な髪とスーツ……どこから見てもエリートビジネスマンだわ。
彼女の反応を楽しむようにジャックの唇に危険な笑みが浮かんだ。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60014823



menu