×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぼくの孫悟空(3)

いろんな妖怪こらしめて、天竺めざす三蔵一行。
ところが船を乗りちがえ、ついたところが日本の港。
そこではじまる化猫退治に鬼退治! 桃太郎まであらわれて、手塚版西遊記第3弾もにぎやかに、はじまり、はじまり!!ありがたいお経をもとめて天竺へ、きょうも旅行く悟空たち。
なぜか妖怪に好かれるタイプの三蔵に、またまた危難がふりかかる! ヒョウの変化に、クモのお化け。
幽霊までもあらわれて、手塚版西遊記、快調の第4弾!!天竺めざす旅のとちゅう、悟空たちがとおりかかった滅法国では、王さまが大の坊主ぎらいじゃったそうな……危機におちいった三蔵を救うため、またまた悟空のキンソウ棒がうなる! 大冒険の手塚版西遊記、第5弾!!三蔵一行はとおりかかった村は、ネズミのために食べ物がひとつもなし! 飢えた村人は八戒を焼きブタに……!? 八戒をたすけるため、悟空はネズミの親分、金鼻夫人にたたかいをいどんだ! 手塚版西遊記、好評第6弾!!天竺近くにきたものの、ここは難所のヒマラヤ山。
妖怪学校の不良生徒が、三蔵法師をさらってにげた! またまたおししょうの大ピンチに、悟空の術がさえる! 八戒、悟浄もぬかるなよ! 好評、手塚版西遊記、第7弾!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001314