×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



若葉の恋(1)

小暮若葉は、剣道部に所属する17歳。
隣の家に住む年上の女性、日野汐海のことを幼い頃から想い続けている。
汐海に頼まれ、汐海の恋人・鷹無圭介に逢いに網走刑務所へ行った若葉と汐海だったが、彼はもう出所してしまっていて逢うことはできなかった!! 若葉の初恋、若葉マークの恋、一途な想いの行方は…!?圭介が汐海のことをちゃんと守っていける男なのかを試すため、汐海を誘拐する芝居を思ついた若葉だったが、汐海を閉じ込めていた別荘が火事になってしまう!! 火の中に飛び込んで汐海を助け出した圭介を見て、若葉は汐海への想いをあきらめる。
しかし、剣道部の合宿に、圭介と別れたという汐海が泣きながら現れた!!圭介のもとに戻った汐海だったが、圭介と汐海のダイブショップ「潮だまり」の経営は悪化していた。
そんなとき「マリンスポーツ」の写真部長という剛田が現われ、ショップを大々的に宣伝することを約束。
しかし、その条件として汐海のヌード撮影をすることに!! どうしてもショップを立て直したい汐海は…!?海中で意識を失った若葉を助けるため、人食いザメのいる海に飛び込み命を落とした圭介。
自分の責任で圭介が犠牲になったと苦悩する若葉は、圭介の仇を討とうとサメを退治するため一人で海に出る!! 「キングデビル」と呼ばれ、漁師からも恐れられている人食いザメとの闘い、そして、若葉と汐海の恋の行方は…!?中国は詩の栄えた国である。
中国の文学を世界に紹介するとき、やはり詩がその代表的なものとなるであろう。
今ここに中国の詩を四つの時期に分け、早稲田の中国文学グループの各氏が分担して四冊の漢詩のシリーズを作った。
周詩、楚辞、漢詩を目加田誠、魏晋六朝詩を大野実之助、唐詩を松浦友久、宋元明清及び現代の詩を芦田考昭、各分担の時期に応じて、それぞれの詩に特色があり、これをすべて統一した形で叙述してはいないが、これを通覧すれば中国古来の詩の全貌をほぼ理解することができるであろう。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009887